在宅勤務に必要な生活リズムを考えてみた。

在宅勤務する人が増えてきましたが

これまでの日本の場合は、一箇所、つまり会社に集まって仕事するスタイルでしたが、このご時世、在宅勤務する方が増えてきており、以前から在宅で仕事している一人ですので良い機会と思い、振り返って考えてみました。
在宅で働くにあたって必要かな、と思えることをあげてみます。

仕事前の最低限の身嗜みはした方がいい。

男女問わず、パジャマから着替える、洗顔する、男性の場合にはヒゲを剃る。女性の場合にはメイクする。色んな意見はあるようですが、Web会議でだらしない姿を映すことも恥ずかしいので、私は心がけています。

通勤がないので、代わりに朝は散歩する。

ギリギリまで寝ていて、起きて顔を洗わずに慌てて仕事に取り掛かる。これでも怒られないし、恥ずかしくないのが在宅勤務。満員電車の通勤で1時間以上は苦痛でしかありませんが、朝の30分の散歩はとても幸せです。

部屋は無理でもやはり仕事用の執務スペースはあった方が良い

専用の部屋を用意できない方も多いでしょう。私もその一人です。しかし、仕事用のスペースは用意したいところです。

お子さんを含むご家族がいる場合には、執務スペースにいる間、本人は仕事中であることを伝えて、協力してもらうようにしましょう。

  • デスク
  • チェア
  • 書類入れ
  • 共同で使う部屋の場合、間仕切り

無理しない範囲の投資で仕事しやすいツールを揃える。

こだわりはじめるとキリがないことも確かですが、ある程度はツールにお金を使った方が良いと思います。
ノートパソコンの画面が小さい場合には、モニターを。高価なモデルでなくても良いと思います。

ちなみに私の場合、メインマシンはMacのノートパソコン(Mac Book Air 11-inch)を使っていますが、自宅で仕事する時にはデスプレイとキーボードを繋いでデスクトップとして使うようにしています。
WindowsやLinux端末もあるので、切替器を使って、1枚のモニターに複数のパソコンを繋いでいます。

  • モニター
  • キーボード
  • ヘッドセット(イヤホン)
  • Webカメラ
  • 電源タップなど

仕事前にランチの心積もりを

午前中の仕事が長引いてしまい、お昼休憩が遅くなったということも時々あるため、調理に時間のかかる料理は在宅といえど避けています。
ランチを食べた後に外の空気を吸って気分転換もいいですね。

お問い合わせはこちらから

南大阪を中心に活動しているエンジニアです。これまでの経験から、ビジネス課題について一緒になって考え、課題解決のためにサポートさせていただきます。些細なご相談でも構いません。当方に期待することやご相談内容についてお聞かせください。初回のご相談はオンラインで無償対応いたします。