独自ドメインのメリットについて

ビジネスでWeb活用をお考えであれば・・

日頃よくご相談されることのひとつに「ドメイン」問題があります。

「独自ドメインを取得した方が良いでしょうか?」とのいうものですが、結論から申し上げると、ビジネスで使うホームページの作成やブログを書くのであれば、独自ドメイン取得をお勧めしています。

まず、ドメインとは何かを簡単に。

インターネット上にあるサーバー(ホームページやアプリケーションのデータを置くもの)を特定するのは、IPアドレス(厳密にはグローバルIPアドレス)というものです。
IPアドレスはインターネット上の住所に相当し、重複することはありません。
192.168.0.10 といった数字の情報ですので、人間が理解しずらく、また覚えにくいものです。

そこで、人間が覚えやすいように工夫してできたものが、ドメインというわけです。https://example.com の example.com の部分がドメインとなります。人間が理解しやすく覚えやすいドメインとIPアドレスを紐付けを行っています。この仕組みはDNS(ドメインネームシステム)と呼ばれるものです。

現在、ホームページやWebサービスのURLには、人間が覚えやすいドメインが使われているケースがほとんどになっています。

ですから、ドメインをインターネット上の住所と解釈しても問題ないでしょう。

なぜ、独自ドメインが良いのか?

ホームページのデータを保管して置く場所がサーバーであることには触れました。現在のレンタルサーバー会社では、申込みをした時点で使うことができる初期ドメインと呼ばれるドメインがあります。大抵は、レンタルサーバー会社やサービス名がドメインの一部に使われています。

この初期ドメインを使って、ホームページを公開・運用することはできます。
しかし、初期ドメインはそのサーバー会社の契約をしている期間しか使うことができず、そうなると引越しする場合には、同じURLを使うことはできません。

ですので、企業や店舗などビジネスでホームページやWebサービスを運用する場合には、独自ドメインの取得は必ず行いたいところです。


SEO対策(検索エンジン対策)の観点からも独自ドメインでの運用は重要です。
独自ドメインをで運用していることで、ホームページをリニューアルしたり、サーバーを引越しした場合でも検索結果は引き継がれるためです。

ドメインは自分で申込みと管理できる。

ドメインやサーバーは専門知識が必要だから、申込みやその後の管理は自分達ではできないのではないのか?と思われる方もいるかもしれませんが、そうではありません。

むしろドメインやサーバーの契約管理はお客様ご自身で行っていただくべきと考えています。

理由はドメインやサーバーの管理を他人に任せておいて、うっかりミスで契約が失効してしまうというケースも残念ながらあります。

もちろん、自分で管理する場合にはある程度の専門知識は必要ですが、
もし自分達でできるか自信のない場合には、私でなくても全然構いませんが、詳しい人の助けを借りてください。

なお、当方ではお客様のドメインやレンタルサーバーの契約は、全てお客様名義で行ってもらっております。お客様が申込みや契約更新などの管理面で不明な部分のみ、必要に応じて私がサポートする体制にしています。

独自ドメインを決める時のポイント

  • 短くて覚えやすい
  • ウェブサイトのコンテンツと一致している
  • 会社、店舗、サービス名と関連性が強い
  • スペルが入力しやすく、間違いにくい

上記の点を踏まえて検討すると良いと言われています。
しかし、ドメインの取得は早い者勝ちの世界です。自分が取得したいと思ってもすでに使われている場合には同じドメイン名で取得できません。その場合には、ハイフン ( – ) を入れるなどの工夫も必要です。

ドメインの費用について

契約するドメインのプラン(トップドメインの種類)によって差がありますが、一般的な会社のコーポレートサイトの場合、年間2,000円から10,000円程度です。
信頼性を高めるドメインとされる、日本国内のみ取得可能な .jp ドメインや、法人のみが取得可能な co.jp ドメインはどのドメイン会社から申し込んでも料金が高くなっています。

人気のあるドメイン会社

お名前.com

ムームードメイン

もちろん上記以外でもドメイン取得できる会社は国内、海外でもありますが、管理画面の分かり易さやサポート体制を考えた場合、上記の2社がお勧めです。

ドメイン取得の実例については、別の機会に改めてご説明致します。

お問い合わせはこちらから

南大阪を中心に活動しているエンジニアです。これまでの経験から、クライアント様のビジネス課題について一緒になって考え、課題解決のためにサポートさせていただきます。些細なご相談でも構いません。当方に期待することや課題、ご相談内容についてお聞かせください。原則として、24時間以内にご返信致します。