Easy to useについて

 

屋号にこめた想い

当方は、大阪を中心にWebサイト(ホームページ)制作やシステム開発、ITやWebに関する出張サポートなどを行っております。

「Easy to use」は、英語で「使いやすい」という意味です。この屋号には二つの意味を込めました。

まず、一つ目は、クライアント様にとって、”使いやすい”、”わかりやすい”と思っていただけること。どんなにオシャレでカッコイイ見栄えの良いWebサイト(ホームページ)も、どんなに高機能な業務システムもクライアント様が「使いにくい」と感じているなら、その本来の価値を発揮していないのではないか、そう考えております。Webサイトも業務システムも作り手である、デザイナーやエンジニアの所有物ではないのです。クライアント様が、”使いこなしてこそ”、本当の価値があると考えています。デザインや機能に関するご希望、ご要望、仕様を実現するのはもちろんですが、納品後にお客様にご満足して使っていただけるような制作・開発を心がけております。

そしてもうひとつは、クライアント様にとって、”よき相談相手になりたい”、”使いやすい存在でありたい”という想いです。専門家に相談したら高いフィーを請求されないか、本当に親身になって相談に乗ってもらえるのか、という不安をお持ちの方も多いのではと思います。あくまで適正価格で、専門家として経験やノウハウの裏付けにもとづいたアドバイスで、課題解決ができることを常に心がけております。

事務所概要

名称(屋号) Easy to use
代表 浅川 幸宣
事業形態 個人事業主/フリーランス
所在地 大阪府泉大津市
活動拠点 OBPアカデミア(打ち合わせ可能)
〒540-6109 大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21 MIDタワー9階
JR京橋駅から徒歩5分 / 地下鉄大阪ビジネスパーク駅から徒歩1分
ホームページURL https://easytouse.jp/
事業内容 ・Webサイトやホームページの制作
・システム開発(WordPressなどのカスタマイズ対応など)
・出張サポート
・講師業務
・運用代行・保守サービス

自己紹介(プロフィール)

浅川 幸宣 / Yukinobu Asakawa

1983年、大阪府生まれ。父親が会社の情報システム部門の責任者として働いていたことから、当時の家庭には珍しくコンピュータがあり、年少の頃から使い始める。私自身が触った最も古いコンピュータは「MS-DOS」。大学卒業後にIT業界に入り、主にメーカー系ベンダーの数社で業務システムのサポートエンジニアや技術営業(プリセールス)、社内情報システムなど幅広く経験。システム開発や検証業務、テクニカルサポート、顧客先での技術支援やトレーニング講師などを務める。Web技術に目覚めたのは、2013年頃。サーバーの動作検証業務でWordPressを初めて触る。センスの良いWebサイトを構築できることに加え、デザイナーやエンジニアでなくても、Webサイト・ホームページを運用できることに大きな可能性を感じ、Webへの転換を決意。WordPressコミュニティでは公式プラグインの開発、翻訳作業、イベントの運営にも関わる。2018年現在、中小企業のシステム担当に携わりながら、フリーランスの立場でWebサイト制作や出張サポートなどを行う「パラレルキャリア」を楽しんでいます。住まいのある南大阪と大阪市内で主に活動しております。

 

 

大阪市内での活動拠点(打ち合わせ可能):OBPアカデミア