WordPressのテーマ「Lightning」を使って自分のサイトを作る。なにわのMC・安田さんの事例

制作合宿での成果をご紹介します。

先日、制作合宿を行ったというご報告を致しました。1.5日の時間で世話役/メンターである私たちが、参加者の皆さんの疑問点についてはマンツーマンでレクチャーするなどの徹底したサポートでサイト公開までの課題や障壁をなくし、自分たちで公開できるWebサイト・ホームページを作ろうという企画です。

 

前回の記事はこちら。

イベントレポート:合言葉は「成果にコミット」。制作合宿をしてみた感想

数回にわけて参加された方々のWebサイトやブログをケーススタディとして紹介していくこの企画。1回目は、なにわのMC・安田さんのサイトをご紹介致します。

なにわのMC・安田さんのサイト

Bootstrapベースのテーマ「Lightning」& プラグイン「VK All in One Expansion Unit」の特性を最大限活かす

 

安田さんのトップページがこちら。
私がアドバイスさせてもらったのは、サーバー設定、Bootstrap部分のCSSカスタマイズ、ウィジェットの設定やプラグインの使い方WordPressの基本操作に関することのみ。デザインはもちろんのこと、全てご自身でWordPressを構築されました。

 

提供しているサービスの詳細ページ。定期開催している「マインドフルネス実践会」の申し込みボタンを作っています。
BootstrapベースのLightningだからこそ、手軽にできるカスタマイズですね。

画像加工はクラウドサービスの「Canva」で。

メインビジュアルの画像、アイキャッチ画像なども安田さんがご自身で画像を選び、Canva※を使って加工しています。PhotoshopやIllustratorを使うためには、そもそもライセンスを購入しなければなりませんし、思い通りに画像加工できるまで操作スキルを習得するには、かなりの学習コストが必要ですが、Canvaであれば無料で使うことができ、1時間ほどで画像加工に必要な操作を覚えることができます。Canvaについての詳しい解説はこちら。

 

画像加工で悩んでいる方へ〜画像編集サービス「Canava(キャンバ)」の使い方

 

 

自分でサイトを作った感想を伺いました。

 

Q.実際、ご自分でサイトを作ってみてどうでしたか?

A.クリエイターズキャンプに参加し、世話役の皆さんに色々と尋ねながら自作してみて…「案外いい感じのサイトができたぞ♪」という感じです。実は、かれこれ2年近く新サービスのホームページを作りたい!!と、気持ちだけは温めていたのですが、素人なのでなかなか実行に移すことができず、フラストレーションが溜まる日々でした。ようやくスッキリできて、スタートラインに立てた気分です。
素材の写真を撮り溜めていた為、自作のサイトにしてはお洒落な雰囲気に仕上がっていると思います。

 

Q.今後はどのようにサイトを活用したいですか?

A.今まで自分が学んできた分野をようやくサービス提供していけるので、極力ブログなどを書き溜めながら、分かりやすくてお客様が訪問しやすいようなサイトに育てていきたいです。
しかしながら、無理は禁物!!本業との折り合いをつけながら、基本は自分のペースで楽しく更新していきたいと思います。

 

Q.最後にせっかくの機会ですので、なにわのMC・安田さんのPRをどうぞ。

A.大阪を拠点に『なにわから世界へ!世界からなにわへ!』を合言葉にマルチに活動しているなにわMC・安田ゆきです。フリーランスMCとしてのキャリアは約10年。各種イベントやお祭り、ブライダルから式典までありとあらゆる司会を担当し、ラジオのDJやナレーションのお仕事もしてきました。セミナーコーディネートやイベントの企画制作に携わりながら、同時進行で学びを深めてきた、瞑想やエネルギーワーク、心理カウンセリング、コーチングなどを提供するUniWa(ゆにわ)としての活動をこれから本格的に行なっていきます。
個人コーチングなどお気軽にご相談ください。また、朝活マインドフルネス瞑想会にもお気軽にご参加くださいね。