Macの「ライブ変換」機能をOFFにする方法

Macのライブ変換機能ってなに?

前回に続いてMacのお話です。
OSのソフトウェアアップデート(High Sierra)でトラックパッドの環境設定がかわってしまい、不便したのですが、このライブ変換機能もそう。

「ライブ変換機能」とは、日本語入力をすると自動で変換できる機能だそうで、「文節単位でスペースキーを押して変換する」といった操作が減るので、従来の入力方式よりも快適に日本語を入力することができるそうです。Mac OS X El Capitanから追加されたそうです。

しかし、私もそうですが、スペースキーで変換する癖が染み付いていると、どうしてもライブ変換が慣れず使いづらいと感じるかもしれません。
この機能は無効化することもできるので、不便だと感じたら思い切ってOFFにしてしまうのもありでしょう。

ライブ変換をオフにする手順

  1. 「システム環境設定を開く」
  2. 環境設定の「キーボード」をクリック。
  3. 標準IME(日本語)→「入力ソース」の順にクリックし、「ライブ変換」のチェックを外す。

 

私見ですが、ライブ変換機能はタイピングが非常に速くて、かつミスの少ない方が使うと便利なのかもしれませんが、少なくとも私には不要な機能でした。