WordPress5.0がリリースされました。アップデートの前に気をつけておくこと。

WordPress 5.0 “Bebo”が公開されました。

WordPress 5.0 “Bebo”が公開されました。

エディタ(編集画面)が新しくなります。


一番大きな変更点としては、このアップデートによりWordPressのエディタ(編集)機能がデフォルトで「Gutenberg」に変わりました。

https://ja.wordpress.org/gutenberg/

 

投稿記事や固定ページを編集する時の操作が異なるため、今まで通りの編集画面を使いたいという方には、

“5.0へアップデートする前に「Classic Editor」プラグインをインストールすれば良い。”

以下、簡単ですが「Classic Editor」プラグインのインストール手順を紹介します。

  1. まず、アップデートの前にWordPressのバックアップを行ってください。
  2. 管理画面の左側のナビゲーションから、プラグイン-> 新規追加 ->「Classic Editor」を検索してください。
  3. 「Classic Editor」をインストール&有効化してください。
    Classic Editor-install
  4. WordPress本体を5.0へアップデートしてください。
    注意「Classic Editor」よりも先にWordPress本体をアップデートすると、エディタが「Gutenberg」となります。

WordPress5.0にアップデートしても、これまでの通りのエディターを使うことができます。

最後に

WordPressはオープンソース(OSS)のソフトウェアですので、「Classic Editor」を使い続けるというのは現実的でないと考えておくべきでしょう。私自身も今後は検証環境や自分のサイトで「Gutenberg」を積極的に使いたいと思っています。