固定ページや投稿記事を整理する時に役立つプラグイン「Export WordPress data to XML/CSV」

ページや記事の一覧を出力できる

ある程度、WordPressで運用していると、ページや記事数が増えていき、整理したいという欲求が出てくると思います。そのような時に役立つのが、「Export WordPress data to XML/CSV」というプラグインです。このプラグインを使うと、固定ページや投稿記事をリストとして出力することができますので、非常に便利です。

 

Export WordPress data to XML/CSV

タイトル、URLの他にも、投稿日、記事ID、スラッグ、カテゴリー、タグなど、様々な要素を出力することができます。エクスポートファイルの形式はCSVの他に、XMLを選ぶことができます。

出力できる項目

  • ID
  • 記事タイトル
  • 本文
  • 概要
  • 投稿日
  • 投稿タイプ
  • 記事にアップロードされた画像の一覧
  • 添付ファイルの一覧
  • カテゴリー
  • タグ
  • カスタムフィールド(任意の項目を選択可能)
  • 公開状態
  • 作成者
  • スラッグ
  • 投稿フォーマット
  • テンプレート
  • 親ページ
  • 投稿の順序
  • URL
  • コメントの許可状態
  • トラックバックとピンバックの許可状態

どんな用途があるか

サイトのサーバーを移行する時などには、現在のページ数を予め把握しておいたり、記事の整理をするときなどに非常に便利だと思います。