WordPressの新エディタ「ブロックエディタ」に対応した書籍が発売されたので、読んでみました。

ブロックエディタをもう使っていますか?

WordPress はじめてのデザイン&カスタマイズ入門 ブログ・サイトの改善方法がわかる

現在(2019年3月現在)、書店やWebで販売されている書籍の中で、「ブロックエディタ」に対応した唯一の存在だと思います。

一通り読んでみた感想を述べると、「WordPressを使いはじめて1-2ヶ月」の方が読むと、一番有益ではないかと思います。以下、その理由です。

  • 書籍通りの手順で手を動かしたとしてもサイトが完成するまでのチュートリアルガイドではない。よって、全くの初心者の方が一番最初に読むべき書籍ではないと思う。 
  • WordPressをはじめてしばらく経つと、カスタマイズしたいという欲求が出てくる。カスタマイズに取り組みたい方にとってはうってつけ。 
  • ブロックエディタ(Gutenberg)を使った、投稿ページ、固定ページの作り方が解説されている。 
  • Classic Editor(クラシックエディタ)との違いも解説されている。

それ以外にも、WordPressがCMS(コンテンツマネジメントシステム)という分類のオープンソースソフトウェアであること、HTML/CSSで記述された静的サイトとの違い、WordPressがPHPというプログラミング言語で記述されており、「動的生成」という仕組みであることなど、WordPressを使って行く上で知っておいて損はない知識の紹介もしっかりと記載されています。

このような立場の方におすすめです。

以下のような立場の方が購入されると宜しいのではないかと思います。

  • WordPressを使ってご自分のビジネスサイトやブログを立ち上げたが、これからカスタマイズしてみたい方
  • これから業務でWordPressをお仕事で使うことになった、企業のWeb担当の方
  • 同じく仕事でWordPress案件を扱うことになり予習しておきたい、グラフィックデザイナーの方やイラストレーターの方
  • これからWebデザイナーやWebエンジニアを目指して勉強中の方

お問い合わせはこちらから

南大阪を中心に活動しているエンジニアです。これまでの経験から、クライアント様のビジネス課題について一緒になって考え、課題解決のためにサポートさせていただきます。些細なご相談でも構いません。当方に期待することや課題、ご相談内容についてお聞かせください。原則として、24時間以内にご返信致します。