子テーマでの運用の場合